右クリックすると警告が出ます。

マニュアルの明るい未来を作る、情報親方ブログ

光と印刷物の色 白くなるのか、黒く(?)なるのか?

0
こんにちは。情報親方です。

今回は色について書きたいと思います。

光の三原色(/RGB)というのはご存じでしょうか?



イラストの左側を見てください。

太陽やモニターなどの光源からはRGBの光が混ざり合って人間の目に届きます。
RGBが同じ分量だけ混ざり合うと真っ白に見えます。混ざる分量が違うと別の色に見えます。

ちなみに、青色発光ダイオードが絶大な評価をされるのは、今まで赤と緑のダイオードはありましたが、今まで青が開発されていなかったからです。
R(赤)G(緑)B(青)が揃うとLEDなどですべての色の光を出せるようになります。









ところで、光(直接光)ではない、自然界に存在する色はどうでしょうか?

たとえば、赤、緑、青の絵の具を混ぜても白くなりませんね。
むしろ濃い色になります。

イラストの右側を見てください。
混ぜると色が濃くなります。しかも、RGBの外側にCMYという色があります。

印刷物など、光を反射して見える色は、C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)で作ることができます。

Y(イエロー)M(マゼンタ)を混ぜるとR(赤)が、
C(シアン)Y(イエロー)を混ぜるとG(緑)が、
C(シアン)M(マゼンタ)を混ぜるとB(青)ができます。

ここで、C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)を混ぜるとどうでしょうか?
濃い色にはなりますが、完全な黒にはなりません。
ここでKey Plateと呼ばれる、いわゆる「黒」で色を補完します。

印刷の、この一連の組み合わせは「CMYK」(4色フルカラー)と呼ばれます。


※次回は「光の三原色」と「印刷の色」の関係について書きます。

0 コメント :

コメントを投稿