右クリックすると警告が出ます。

マニュアルの明るい未来を作る、情報親方ブログ

【セミナー】いいマニュアルを作る方法、教えます。

0

情報親方がマニュアルを作る方法教えます。
マニュアルに課題がある方、お気軽にご相談ください。

こまったこまった



  • ノウハウがなく、社内でマニュアルを作れない。
  • 作る時間がない。
  • 作る予算がない。
  • 作る人がいない
  • 作り始めるきっかけがない。
  • そもそも作る方法を知らない。
  • 作ろうとしたら残業時間が増える。
  • なかなか作れなくて、精神的に苦痛を受けている。
  • 作ってあるが、品質が悪い。
  • 作ってあるが、管理が出来ていない。
  • お客様からマニュアルに関するクレームが多い。
  • 従業員が業務マニュアルをちゃんと見てくれない。

等でマニュアルの制作や管理に困ってませんか?

「情報親方」は、さまざまなテーマでマニュアルに関連したセミナーを開催します。






ふとした、小さなご相談でもかまいません。

まずはご相談ください。







セミナーのテーマ例


「伝わる表現ゲットだぜ! ~マニュアル制作の現場から~」


キーワード 
文章表現
「の」の連続
青いカゴの中の鳥
用語統一
情報整理
    内容「青いカゴの中の鳥」と言われたとき、青いのは「カゴ」でしょうか?「鳥」でしょうか?
    不特定多数の人に読まれることを想定されたマニュアル制作の現場での、伝わる表現の「コツ」についてマニュアル業界での基準を交えながらお話しします。


    「自然な目次構成を組み立てる ~マニュアル制作の現場から~」

    キーワード 
    ユーザー理解
    ユーザー体験
    情報の構成
    情報整理
    タスク指向とファンクション指向
      内容ユーザーに求められる、自然な目次構成を組み立てるには「伝えたいことの全体像と階層がわかる」「ユーザーの行動や思考を知る」ことが大事です。極限まで情報の「ノイズ」を減らし、ボリュームがあっても全体を把握できる目次構成の方法を知ることができます。


      「みんなHAPPY! トラブルを未然に防ぐ文章作成術」

      キーワード 危機管理
      コスト管理
      ユーザー理解
      内容文章で伝えることが、生まれながらに上手な人はいません。
      しかし、コツを知ることで間違いのない文章を上手に伝えることができます。
      「文章が上手に伝わらないことで、どういったことが起こるのか?」
      「上手に書くコツはどこにあるのか?」
      を事例を元にお話しし、実社会でも活用できる術をマスターしていただきます。


      「伝わる紙面レイアウトを作ってみよう」

      キーワード 編集のデザイン
      グリッドシステム
      インフォグラフィック
      ピクトグラム
      内容見やすい、伝わる紙面のレイアウトとは何か?を、ご自身で紙面のレイアウト作成を体験して頂き、「デザインを知る」ことで伝わりやすくなることを知ることができます。
      ※はさみとA4サイズの白紙を用意して頂き、すでに文字が印字された資料をサンプルとして用意します。


      上記以外のテーマについても、御社ご要望にあわせて実施させていただきます。

      0 コメント :

      コメントを投稿