右クリックすると警告が出ます。

マニュアルの明るい未来を作る、情報親方ブログ

第1回「お客様にわかりやすい!マニュアル情報整理術」セミナーでお話ししました。お客様にわかりやすい!マニュアル情報整理術@たましんWinCenter

0
第1回「お客様にわかりやすい!マニュアル情報整理術」
5月22日(金曜日)14時から、「お客様にわかりやすい!マニュアル情報整理術」セミナーをたましんWinCwnterにて開催しました。
お集まり頂きました参加者の方々は、日頃からマニュアル制作に関わっているご担当者様が多く、今回は4社8名様にご参加頂きました。
ご参加頂きました皆様、ありがとうございました。
第1部として、数多くのマニュアル/取扱説明書を作られてきた東野先生によるわかりやすいセミナー、第2部として「他の会社ではどうやってるの?」「うちの作っているマニュアルは間違ってないのかな?」といった、担当者ならではのお悩みを解決できる情報交換会を行いました。


第1部:「お客様にわかりやすい!マニュアル情報整理術」


今回は第1回となりますので概説的に、マニュアルの作り方や情報整理術についてお話し頂いた後、マニュアルを「効率よく作る」「効率よく出荷する」「効率よく管理する」ことに直結する、『用語統一』と『品番』についてお話ししました。
マニュアルの作り方というと、制作担当者でなければ「すぐにできるんじゃないの?」と思われ、制作担当者でも「自分達のマニュアルに自信が持てない」「スマートに作れていない」と課題を抱えている事が多いのです。
効率の良い作り方は、実はあります。
ただ、「作り方」を効率よくする方法は、マニュアル作りの「設計方法」を改善することです。
ユーザーの分析、執筆ルールの決め方や目次構成の作り方、用語統一、品番などをひとつひとつ改善していくと、必ず効率の良いマニュアルを作ることができます。


第2部:マニュアル制作ご担当者様同士の情報交換会


今回ご参加頂いた4社8名様の皆様は、普段からマニュアル制作に関わっておられるか課題を抱えておられる方が多く、情報交換会では活発なやりとりとなりました。
「技術者に資料をきちんと出してもらうにはどうするか?」「抜けてしまった人の引き継ぎをどうするか?」「改訂の時には履歴をどのように残しているか?」「翻訳はどのように行っているか?」「WORDでマニュアルをつくっているが、プロ用ツールでなくても事足りているのか?」など、東野先生の裏技的なコメントも含め、みなさまに様々な情報交換をして頂きました。
次回セミナー開催予定は6月下旬を予定しております。
マニュアル制作や情報整理でお悩みの皆様、親睦を深めるためにも多くの皆様のご参加をお待ちしております。 お気軽にご参加ください。

0 コメント :

コメントを投稿